Easy維~持~!道路維持管理情報システム

クラウドで道路維持管理業務の生産性を向上!

Easy維~持~!とは

Easy維~持~!とは

「Easy維~持~!」は、クラウドコンピューティングを利用した、「指示の伝達」「指示書作成時間の短縮」「移動経路の確認」「写真による経過情報の共有」「写真管理」「報告書作成時間の短縮」などの実現を図るための一連の行動を支援するためのサービス(システム)です。受発注者を問わず連携・協力することによってスムーズな業務遂行や生産性向上の成果が得られます。

紙からスマホへ

日々の書類作成を自動化

発注者からの指示報告、あるいは作業員への指示など関係者間での情報伝達がよりスムーズになります。 施工済みの出来高を期間や工種、キーワードで絞込検索できるので、月末処理に追われる心配もなくります。
「Easy維~持~!」はクラウドコンピューティングを利用したサービス(システム)なので、書類管理が楽になり現場から戻った後のデスクワークが激減します。

日々の書類作成を自動化

作業指示が楽々

維持工事では日々たくさんの補修個所を回るため順序や位地図、写真等を事前に準備しておく手間が大変です。
そんな時に「Easy維~持~!」を使うことで、前日に回り順番(ID番号)を作業員さんにメールしておくことで朝礼時の指示もスムーズになります。

作業指示が楽々

GISで超便利

撮影した写真に位置情報を付けることができるので、完成写真の撮影を作業員さんに任せられます。また、離れていても作業の進捗をリアルタイムに把握できます。

GISで超便利

システムの特長

Easy維~持~!のシステムの特長

データ紛失の心配なし
ユーザーデータは、セキュリティが確保されたデータベースサーバに格納されますので、データを無くしてしまうといった心配はありません。
ソフトウエアのインストール不要
本システムは、ASP形式でのサービスですので、ソフトウエアのインストール作業が必要ありません。普段お使いのWEBブラウザにてご利用いただけます。
スマートフォン、タブレットで使用可能
普段お使いのスマートフォンやタブレットでご利用いただけます。更にフイ―チャーフォン(※いわゆるガラケーで位置情報が取得できるもの)でも利用できますので新たにデバイスを購入する必要はありません。
写真の位置情報から住所を自動登録
撮影した写真に埋め込まれた位置情報から、現地の住所が自動的に割り出され情報として登録されます。これにより作業現場を探したり道に迷ったりすることはもうありません。
進捗・現場の情報をリアルタイムで表示
作業の進捗をスマートフォン等から簡単な操作で入力するだけで、作業の進み具合や現地の情報がリアルタイムで表示されます。複数の作業を同時に管理する立場の方は、安心して事業運営が行えます。
ワンタッチで写真帳の出力が可能
登録された写真や情報から、ワンタッチで写真帳の出力ができます。これにより写真の選択やアルバム作成に掛かる労力が不要になります。
出来高報告も取りまとめ可能
毎月末の出来高報告も登録された情報から取りまとめが行えますのでとても便利です。
圏外でもデータ入力は可能
携帯電話の圏外でもデータの入力は可能です。電波の圏内に移動しますと送信処理が行われます。

必要環境について

本システムを利用するには次のシステム環境が必要です。

パソコン

  • ・インターネットに接続されているもの
  • ・Microsoft Excel(2003以降のバージョン)※1
  • ・画面解像度 XGA(1024×768)以上※2
  • ・WEBブラウザ※3
    1. Internet Explorer 11
    2. Mozilla Firefox 42
    3. Google Chrome 46

携帯電話

  • ・GPS機能付き携帯電話を推奨(必須ではありせん)
  • ・写真撮影時に位置情報を写真データに取り込む機能があること。
  • ・モバイルサイトのブラウジング機能があること。※4

デジタルカメラ

  • ・GPS機能付きデジタルカメラ ※推奨解像度:1280*960(120万画素)
※1
帳票の出力に使用します。
※2
推奨のサイズとなります。これ以下のサイズでもご利用いただけますが、横方向にスクロールバーが表示され、画面が若干煩雑になります。
※3
推奨のブラウザとなります。上記以外のブラウザに関しましてもアクセスは可能ですが、動作保障外となりますのでご了承ください。
※4
iOS5.1以降、Android2.2以降等のスマートフォンで利用できます。

お申し込みはこちら